留学、はじめてなんだけど。

日本人大学生がはじめてアメリカはシンシナティ大学で舞台制作を学ぶお話。

日本人大学生がはじめてアメリカに留学する話。トビタテ!留学JAPAN 6期生。ただいま留学中。           

Happy Opening!〜舞台初日

無事、今までで最高の状態でPre-show公演を終え、ついにopening nightを迎えることができました。

私がシャドウさせてもらっているサウンドデザイナーも劇場入りしてから一番の笑顔!

 

一応デザイナーチームの仕事はここで終了、ということで私の初めてのassistant職も終わりました。本番の公演はSound Board Operator(ミキシングコンソールを使って効果音や音楽をコントロールする人)とProduction Sound Engineerたちによって運営されます。

 

今回の舞台に関われた時間はとても有意義だったと思います。

まず舞台そのものが今までに観た舞台とは全く違う現代テイストの抽象的なスタイルだったことも面白かったし、デザイナーが他の制作チームの人達とどのように連携しているかを近くで見続けたことで、制作をスムーズにこなしていくためのコツなどを習得できました。

 

今回特に学んだことは、チームワークで動くためには自分の能力をよく知ることが大事ということです。分刻みで他の人と関わりながら働くためには、与えられた仕事を自分がどのくらいの時間で終えることができるのかを正確に見積もって、それを舞台監督や他のスタッフに伝えなければなりません。これは小道具の教授も授業で言ってたなぁ。

その点で学生生活の中で多くの宿題や課題を限られた時間でこなすということも自分の限界を知って時間の使い方を考える訓練になっているのだと思います。

 

あともう一つは、色々な人が作ったものを合わせて一つの作品を作り上げる、という過程がやっぱり好きなんだってこと。

そんな自分の軸を再確認することができた時間でした。

 

今日明日がここ3週間で初めてのday-off?ですが日曜の午後の千秋楽後、また次のミュージカルの仕込みが始まります。

今度の私のポジションはscenic crew!公演中にセットや小道具を動かす担当です。

これまた初めての仕事なのでドキドキですが、大規模なミュージカルなのでどのように舞台全体が動いていくか(動かせるのか)とても楽しみです!