留学、はじめてなんだけど。

日本人大学生がはじめてアメリカはシンシナティ大学で舞台制作を学ぶお話。

日本人大学生がはじめてアメリカに留学する話。トビタテ!留学JAPAN 6期生。ただいま留学中。           

ホームシックが来ない

明日でアメリカに来てから4週間になるはるのほしです。

 

今日は同じ大学の日本人の人たちと地元育ちの子のお宅で夜ご飯を食べさせてもらいました。久しぶりの炊き込みご飯、幸せでした~(´艸`*)

 

そこで大半の人が日本に帰りたくなる、って話をしていたのですが、

私にはどうもピンと来ません。(;´・ω・)?

 

確かに、家族には会えないし、日本の友達とも飲みに行けないし、

日本の食材は手に入りにくいし、売っていても馬鹿みたいに高いし、

家は正直それほど綺麗じゃないし、3つあるうちの1つの風呂は水漏れするし、

皆食器を使いっぱなしにしたりするし、シャワ―ヘッドは動かせないし、

等等不便なことも多いのですが、、、

 

楽しんでる証拠じゃない?って言われたけれど

まだ友達作るのもままならなくて遊びに行っているわけでもないし、むしろ毎日の授業と実習に追いつくのが必死で、、、

 

それでも日本に帰りたいと思うことはありません。強がってるわけでもないんです。

ここまで来ると自分はそんなに日本に対して思い入れが無いのかとか、薄情なんじゃないかとか、ちょっぴり自分に対して悲しくなります。

 

私にとっては、日本に帰る事の方がハードルが高いからもしれません。

 

あとはやりたいことをやれている状況に対する幸福感が強いのもあると思います。

私のやりたかったことは、日本ではやりにくいことでした。

日本に帰ることで今の生活面での問題が解決されたとしても、そのやりたいことができない方がストレスになるであろうことが容易に想像できるんです。

 

ははは。ここに来て自分の図太さと単純さがはっきり出ましたね。

私は本当に欲しいものが1つ手に入れば、他のことはあまり気にしないタイプのようです(笑)