留学、はじめてなんだけど。

日本人大学生がはじめてアメリカはシンシナティ大学で舞台制作を学ぶお話。

日本人大学生がはじめてアメリカに留学する話。トビタテ!留学JAPAN 6期生。ただいま留学準備編。           

College Orientaion for New International Students

昨日がImmigration Check-in, つまり留学生がちゃんと有効なVisaを持って入国しているか、また連絡先の登録が済んでいるか等をInternational Servicesのスタッフと確認する日で、

今日のイベントは留学生だけのためのオリエンテーションでした。

場所はNippert Stadiumの横のTangeman University Center.

f:id:ryugakuhajimetenandakedo:20170819112947j:plain

ここはご飯食べたり自習したりできる広いスペースや、教科書や雑貨を買えるUC Bookstore(Apple製品がacademic価格で購入できます!)、PNCという銀行の支店、さらにはCinemaもあって今週も映画の上映が予定されていました。うん。学生が気軽に集まれる場所ですね。

 

オリエンテーションはその中の4F Great Hallで行われました。

f:id:ryugakuhajimetenandakedo:20170819113730j:plain予想はしてたけれどほとんど中国系の学生、ヨーロッパからだとドイツが多かったかな。

 

途中グループに分かれて図書館に行ったり、外でレクリエーションしたり、。あぁ懐かしい日本の大学入学時のイベントを思い出しましたよ。どこも新学期、新生活が始まるときはこんな雰囲気。

 

でも個人的に日本の大学に入学したときとは違う心境であることに気が付きました。

こう自分の中で前のめりになってる感覚、やりたいことがあるからそれに向かって準備して今やっとそれができそうな環境にたどり着いた、それができるかもしれない期待感に溢れている、そんな気がします。

日本の大学もある程度はやりたいというか、やってみたいことがあって選んだ学部ではありましたが、今回ほど明確な目的をもって入学したわけではありませんでした。

 

ここで勝手に回顧録に入ります。興味無い方、時間の無い方はすっ飛ばしてください(笑)

 

ちょうど一年前でした、UC, University of Cincinnatiのプログラムに出会ったのが。

ひたすら興味の学校のFacultyにメールを送り続けては、実際の制作経験が無いから受入れは難しいと言われ続け、

そんな時”今のままだと経験が無いから難しいけれど、君みたいな人のためのお試しのプログラムを考えているところなんだけれど興味ある?"って言ってくれたのがUCのSound Designの先生でした。

そのままスカイプで話したり、いろいろメールで質問したりした時の受け答えがとても親切だったことやプログラムの条件や、また先生が求める人材に自分が合っているように感じられたことからすぐにここだ!と思って本気で準備を始めました。

唯一問題だったのは、お金のことで、、、。

提携校だったら交換留学生の枠で日本の大学の授業料を払いながらUCで単位がもらえるのですが、あいにく私の大学はそうではなく、、私費で行くしかありませんでした。しかし、UCは州立大学とはいえ州外の学生は膨大な授業料を払わなければなりません。しかもどんなに成績が良くてもVisiting StudentはUCからScholarshipをもらうこともできません。

つまり、日本で奨学金を得るしかありませんでした。

しかしそれも私のように舞台制作といった芸術分野のための奨学金は選択肢が限られており、あっても未経験者がひっかかりそうなものなどありませんでした。

そんな時に大学の国際教育課から教えてもらったのがトビタテ!留学JAPANでした。

日本の大学に在籍さえしていれば、将来の日本に還元できるような実践行動を伴う自分だけの留学計画をアピールすれば最長2年、200万以上の奨学金がもらえる??

こ、これしかない、、

でも自分は留学を始める頃には大学を卒業してしまう、、

大学以外の実践行動?インターンなんてできるのか?

 

その時の私はもうUCに行くことしか考えていませんでしたので、すぐに答えは出てきました。

 

じゃ、休学して卒業先延ばしにしちゃえばいいじゃん。

インターン?UCの先生の知り合いのDesignerに聞いてみればいいじゃん。

 

驚くことに2番目の問題はすぐにクリアできたのでしたが、まぁ1番目の問題はかなり学校側を悩ませたし、その時所属していたラボのボスには相当お世話になりました。

でも私の本気が伝わったのか、何とか一番いい形でセッティングすることができて、今ここにいるわけですね。

もちろん何よりも両親の理解と援助が一番大きいのですが、。

 

 

過去のことはさておき、問題は今ここで何をするかですね。

このとても恵まれた幸せな状況を心に留めておきつつ、

一瞬一瞬を噛みしめて過ごしていきたいと思います。

 

 

 

 

キッチンの整理

みなさんこんばんは。みりんの替わりにお酒とお砂糖をたくさん使って炒め物をしたら何とかうまく行ってご機嫌のはるのほしです。

 

今日は私の住んでいるシェアハウスの共用のキッチンの大掃除をみんなでやりました(いや全員じゃぁないけれど)。

6日前にこっちに来た時に一番驚いたのがキッチンの汚さで、、。これが普通なのかしら?と苦笑いせずにはいられない状況だったのですが、新しく入って来たアメリカ人も『ちょっと掃除しなきゃやばそうだね笑』って言ってたので私だけじゃなかったみたい。

 

というのも、前の住人たちが使ってたものを置いたまま出て行ってしまっていてそれが場所を取っていたり最悪なことにそこに、、、精神的衛生上ちょっとここで書くのは控えておきます笑

 

ということでみんながどの棚を使ってるのか、どこに共用の調味料とかをしまうか等をはっきりさせた上で、ゴミを捨てたり拭き掃除をしたりしました。

 

お陰でスッキリ!新学期始まる前にリフレッシュできて良かったね!

 

ちなみに私はチビなのでいつも棚の一番下の段を占領させてもらってます。日本から持って来たmy食器とかは他の人に使われたくないので自分の部屋に置いてます。というのも、棚に入ってる他の人のスパイスの匂いが食器についちゃうんですよね。それが結構食べる時に気になってしまうので、。

 

 

あと今日はもう1人日本人が住んでることが判明しました!まだこっちに来てから一度も日本人に会ってなかったのにまさか同じ屋根の下にいたとは、、。なんだかんだちょっとホッとしますね。

 

さてさて明日からはいよいよImmigration Check-in, College Orientationと続き、木曜にはついに同じ学科の顔合わせ、と大学のイベントが増えます。どんな人たちなのか、どんなものを一緒に作っていけるかワクワク。

 ではまた!

大学のジム

先ほど花火か?と思ったけれど時間帯的に銃声だったんだと気付き自分がアメリカにいることを思い出したはるのほしです。

大変なことになってませんように。



さて、今日は土曜日だから大学の予定は何もなし。昨日Student IDも手に入れたところで体動かしに行ってみるかーということで、大学のジムに行ってきました。

f:id:ryugakuhajimetenandakedo:20170813122951j:plain

画面左下から入って入り口でstudent ID見せれば学生は無料で入れちゃいます。

中はこんな感じ↓

f:id:ryugakuhajimetenandakedo:20170813123455j:plain

全然全体が写せない程広いです笑しかも結構綺麗。夏休み中だからかガラガラでした。

日本にいる時からジムに通ってましたがここのマシンは文句ないくらい何でも揃ってます。何不自由なくトレーニングに没頭できます!バイクにはiPod置く場所まで付いてるし←ポイント


はぁ、、、さすがトップランクの施設だけありますね、、

勿論プールもあるのですが、驚くことにwhirl pool、いわゆる流れるプール(私の地元ではそう呼んでた笑)もあります!子供づれが浮き輪に乗って遊んでました。

そうです。大学の施設は学外の人たちにも開放されています(勿論有料だとは思いますが)。うちの劇場やスタジアムもそうです。地域の中に活きているところなんです。そういうところに日本の大学よりも地域との繋がりが感じられらるし、社会における大学の位置がより直に分かるような気がします。


おまけですが、昨日の夜中から一気にハウスメイトが4人増えました!ドイツ、メキシコ、アラスカ、あと1人はまだ話したことがないのでどこの方か分かりません、、。とても賑やかになったし、何よりまた新しい訛りの英語が聞けることにひとりでキュンキュンしてます(発音フェチですみません)。


ではまた!

留学生向けカレッジ・オリエンテーション

急に甘いものが食べたくなりオレオのチョコバーに手を出してひたすら強烈な甘さに耐えたはるのほしです。

 

さて、今日は私の参加する学科があるカレッジの留学生向けオリエンテーションに行ってきました。

 

f:id:ryugakuhajimetenandakedo:20170812140133j:plain

会場はEmery Hall. 着くとtemporary housingの時のルームメイトに再会!来週のテスト勉をされてました。

隣の女の子は私の使ってたベッドを今使ってるという中国の女の子Compositipn(作曲)の院生だそう。

 

その後ついに同じTheatre Design &Productionの子にも会えました!彼女も中国出身の院生.院から留学って人が圧倒的に多い気がするな。しかも見た感じアジア系ばっかり。しかも日本人は私だけっぽい、、。

 

みんな来週の試験でなんだか憂鬱そう。『あなたは試験無いの?』と聞かれ『Visiting Studentだから何も無いよ、プログラムに許可される時も何も無かったし』って返したら恨めしそうな視線を送られました。

 

さて、実際のホールの中は小さな講堂のようでステージにピアノが1台だけ置いてあるような所。まずはカレッジのオフィスの方からウェルカムを受け、次に、オリエンは非常に重要だからHP上のスケジュールの更新をチェックするように、という指示をもらいました。

ここで予期していなかったのが、このオリエン、そのまま英語の試験直行だったということ。何やらみんなはメールが来てたらしいけど私は全く知らず、、。ESLの方がえらい試験の重要さを強調するものだから私ビビって「学部生でも院生でもないVisiting Studentですがメール頂いてなくて、、それでも受けた方がいいんですか?」って質問したら、

「もちろんです。後で名前と学生番号を教えにいらっしゃい」

何?!やっぱ受けなきゃダメなの??私だけテスト無いからーー、と余裕こいてた私は隣に座る友人たちにくすくす笑われる羽目に。

でも、いいんです。ここで、やっぱりあなたの英語のやばいわね、補習しましょう、ってなった方が私のためになるもん。授業についていけなくなる方が恐ろしい、、。

ということで、ちゃんと受けて来ました、ライティングのテスト。見事に時間足りなくて終わらなかったけれど。英語というよりもエッセイ書くための頭が出来上がってないような、、、まずい。

 

そんんこんなのオリエンでした。ちなみに来週他の子達はundergraduate/graduate向けのカレッジのオリエンがあるそうですが、教授に聞いたところ、私は正式にはどっちでもないから行かなくていいよ、てのことでした。

 

 

さ、今日受けた英語のテストのオンライン版で受けねば、、。では。

 

トビタテの事前研修に行ってきたよ

かなり時間が経ってしまったけれど、

私が本留学のための奨学金を頂くことになっている官民協働の奨学金プログラム"トビタテ!留学JAPAN"第6期生の事前研修なるものに行ったときのことを振り返ってみたいと思います。

 

そもそも"トビタテ"って何?って話をちょこっと。

簡単に説明すると、国と企業が協力して、日本の意欲ある学生が留学する際に給付型の奨学金を出すよ~ってプログラムです←ざっくりとし過ぎか

詳しく知りたい方は

www.tobitate.mext.go.jp

へどうぞ~

 

 

このプログラムが他と何が違うかというと、

本当に熱意と計画で選んでくれます!!

別に留学先は学校じゃなくてもいいんです。インターンだけとかでも大丈夫です。特段経験が無くてもいいんです(私がそうだから)。大学の成績なんか見ません。

 

○○がしたいから、△△に留学したいんです!

こういう個人の”思い”から生まれた留学計画に企業さんがお金を出してくれるというとてもユニークな奨学金なんです。

 

その他詳しいことついてはまた別の記事でまとめて書いてみようかな。

 

さてさて、このプログラム、ただ選考受けて奨学金を貰うだけのものではありません。

留学がよりよいものになるように、計画をブラッシュアップするための事前研修への参加が義務付けられています。

 

今回私が参加した6月17・18日の研修はすっかり行き慣れた文部科学省の講堂(そうそう面接やったり壮行会があったあそこね)で行われました。

予めグループが決められていて、2日間同じメンバーとみっちりグループワークしてきました。

 

内容はさておき、この2日間で特に印象に残ったことが3点ほど。

 

1.トビタテコミュニティの貴重さと特殊さ

事前研修ではみんなが自分の人生を1年ごとに振り返って"自分の軸"を確かめるグループワークがあるんだけれど、

友達に自分の将来の夢を語ることもそんなにないのに、初対面の人にここまで自分のことをさらけ出してつっつきあう機会ってそうないよな、って思った。

それが別に気持ち悪いんじゃなくて、逆にすごく面白かったんだよね。

それに、メンバーの話を聞いていくうちに、いかに自分が第一印象で人を決めつけようとしているのかにも気づいた。みんな自分の想像もよらないストーリィを持ってた。それを軸に個性ある留学計画を立ててた。

そんな人たちと刺激し合いながらそれぞれの分野で日本を引っ張っていくんだろうなと思うとワクワクしちゃうよね。個人の計画する留学を将来を担う若者societyとして機能させていこうとしている、改めてすごいプログラムだと思う。

 

みんな留学でやりに行くことや将来の目標は全然違う。経験もバラバラ。

その反面、もともとの性質というか、性格的なものは似ていると思う。

特に、問題解決のアプローチだ。

問題を見つけたとき、それをより優れた方法で解決しているところへ先に行って教えてもらう、っていうやり方だ。私がそう。そのために留学に行く、と。

あまり一から自分で組み立てるタイプは多くないと感じた。パイオニアではないかも。

もともと学校で与えられたことはなんとなく器用にこなしてきたような人が多く見受けられた。学校でもかなり限られた人たちだよね。こういう性質だからこそ活躍できる場があるんだろうけれど、それを認識しつつ、そうじゃない人たちとどれだけ互いを理解して協力しあえるかを忘れちゃいけないよね。

 

2.若いうちに留学しておく意義

私がこれから留学します、って周囲の年上の方たちにお話しをすると、

決まって"それはすごくいいことだ。早く行っておいたほうがいいよ"って言われる。

確かに、若い方が吸収力も体力もあるし・・・くらいに思っていたけれど

それ以上の価値に、今回の研修で聞いたヤンググローバルリーダーの話や同じ6期生と話してて気づかされた。

一つはね、若いうちに、特に学生の間に同じ年代の世界の学生と"仲間"として付き合うこと。これはすごく社会にとって大事なことだと思う。何故なら、このグローバル化が進んだ時代に、より身近なところから情報が入ってくることで早い対応が可能になるし、"仲間"としての輪がある限り無駄な争いは避けたくなるんじゃないかな。社会人になってからだとそういう関係を築くのは難しいし、どちらかというと互いに自分の利益だけ考えるようになるよね。

日本以外にホームを持つこと、ってやっぱり実際日本を出てからじゃないとできないよね。

 

2つ目はね、本プログラムのディレクターである船橋力氏も言っていたけれど、

年取ると経験が増えて頭がよくなる。するとリスクに気を取られ過ぎてどんどん自分の行動に制限をかけてしまいがちなんだ。それは自分を守るための正常な成長なんだろうけれど、でも可能性を自ら消しちゃうのってもったいない。留学って人生においてはかなり大きな決断だし、それなりの"犠牲"はある。でも自分の将来の可能性を犠牲にはしたくないな。

 

3.潜在的人種差別

 

留学するときに必ず向き合うことになる国や文化の違い。

研修中でも、日本のことを海外の人に説明するようなワークがあったり、

国ごとの対応の仕方の違いなんかを質問している人がいたりしたけれど、

一番私たち日本人が海外に偏見持っているんじゃないかって気がしてきた。

国や文化の違いって確かに海外の人と付き合っていく中で大きな割合を占めると思うけれど、実際に付き合っているのは目の前のその人であって、国全体を相手にしているわけではない。"~~人だから・・・"ってレッテルを貼るよりも、大事なのはその人の人生に目を向けることなんじゃないのかな。

だって、今回のグループワークを通しても分かったけれど、みんなの人生に同じものなんて一つもない。そこから生まれる価値観も絶対違うはず。

そんなことを頭にいれながら、もっと深い視点で人と付きいたいと思うようになったよ。

 

 

 

以上私なりのトビタテ事前研修の振り返りでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

賃貸の契約書

こんにちは、はるのほしです。

 

先日シェアハウスの部屋をとっておいてもらってから改めて契約書が送られてきました(メールでね)。

 

そこでまたまたあれれ?なことがあって、やっぱり海外とのやり取りは確認を取るしつこさが必要だなと痛感しております。

 

まず、当初のメールによるやり取りでは、

・Shared Room(2-3人で同じ部屋に住む)

・家賃は引っ越す前に、最初の月と最後の月の分を払い、その後は毎月1日支払い

・期間はAugust 1st - April 30

 

ということになっていたと思っていたのですが、いざ契約書を見てみると、、、

Private Room

・家賃は全期間の分を住み込む前に一括

・期間がAugust 15th - April 30

 

期間については、そもそも私は大学のArrival Day(international studentsはこの日に大学に着かなくちゃいけないらしいです)のある12, 13thくらいから住みはじめたい、8月の家賃は日割りにしてくれ、と伝えたところ、

大家さんが "日割りは無理だから1stから住んでくれ"、と言ったので

"じゃあ1stでいいよ" って言ったんです。

それが契約書で初めて "August 15th" なんてdateが出てきて、

しかも "住み込み開始時期を1stに変えてくれ"っていったら、

”じゃ追加料金$200を家賃に加えとくわ."

ってきてWhat?!ってなりました。

 

結局当初予定してた引っ越しの日よりも先に学科別のオリエンがあることが分かり

それより前に着く必要が出てきたので、

開始時期を1stから1週間遅らせて、追加料金を半額の$100にしてもらうことにしました。

 

 

私が勝手に家賃は月額計算だと思ってたのが間違いだったんでしょうね、あっちはsemester(学期)計算だったようですから。

契約書の内容についても曖昧な点とか"もしも"のシチュエーションを考えたら危なさそうなところがちらほらあったので、きっちり突っ込んでからサインしようと思います。

 

 

 

正式に、家、決まる

こんにちは、はるのほしです。

 

本日遂にシェアハウスに住むことが決まりました。

 

2週間ほど前に存在を知ってから、メールで重ね重ねやりとりしてきましたが、

一昨日rental applicationという申請書を提出し、今日部屋をとっておいてもらうためのreservation deposit $200 を払ったので、確約がとれました。このdepositは住み始めたらSecurity/Cleaning depositとして使われるそうです。

 

予算があまり無いもので、シェアハウスの中でも安いshared roomという2, 3人で共有する部屋をとってもらいました。家賃は$375/月だから、4万ちょいくらいか。これにutilities(いわゆる光熱費)とinternet, 使い放題の電話代も含まれているそうです。

 

おまけですが、ベッドと一緒に掛け布団はあるか、と聞くつもりで

"duvet"ありますか?と聞いたら,

"duvet"って何?、って返ってきたのでよくよく調べてみると

"duvet"はUKの言い方で、アメリカでは"comforter"が一般的なようですね。

同じ英語でも国ごとに呼び名が違ったりすることを思い出すいいきっかけになりました。

 

 

はるのほし